山の本 No.114(2020年冬)

1,318円+税

特集 = この冬は低山を愉しもう!
イマドキ日本動物紀 = となりのツキノワグマ


令和元年 台風19号 山里を襲った土砂災害の体験記

著 = 塚本良則

1,300円+税

わが家のある高尾山地西麓の山里(美女谷)を襲った山崩れと土石流の実態と恐ろしさ、それが引き起こした災害、その復旧で受けたボランティアや公共機関の支援など、土砂災害の最初から復旧までをまとめた体験記。


山の本 No.113(2020年秋)

1,318円+税

特集 = 私の青春時代の登山
紀行 = 新雪の黒部


山の本 No.112(2020年夏)

1,318円+税

特集 = あの日の山の出来事
みちのく花紀行 = 八甲田山麓の遭難事件と花


山と森を愉しむ 中年からの山歩き

著 = 武田信照

1,500円+税

人生に楽しみと彩りを添える山歩きへの讃歌の書。前編では人生と山歩き、森の魅力、山と文学、山の事故を自身の山歩きを交えて考察し、後編では近隣の山々、日本の高峰、海外山行から、印象に強いものを選んで記し…


関東周辺 マルチピッチルート・スーパーガイド

編著 = 菊地敏之

2,200円+税

伊豆・奥秩父を含む関東周辺の、爽快マルチピッチ・フリークライミングルート(3ピッチ以上の規模のもの)をセレクトし、詳細なルート図と解説で案内する。新しいクライミングライフを提唱する、クライマー待望の…


山へ帰る道

著 = 中谷寳悦郎

1,800円+税

登山に無縁だった男が真冬の甲斐駒ヶ岳登頂に感動し、山のとりことなって山々を廻り、三十年後、鮭が帰郷するように原初の山に辿り着くまでの紀行集。著者の『山の記憶』に次ぐ、旅情と山で出会った人たちとの人情に…


山の本 No.111(2020年春)

1,318円+税

特集 = 春だからこの山へ!
紀行 = スケッチブックを携えた山旅


そのまた向こうの山と空

著 = 細田 弘

1,900円+税

少年はいつも山の向こうをのぞみながら旅立つ日を待っていた。やがて、目の前の山を登り、その先の山々を巡り歩き、数年がかりで外国を彷徨う。老いてからは心の最果てを探るべくカイラス巡礼をする。だが、夢見る山は…


山の本 No.110(2019年冬)

1,296円+税

特集 = 忘れえぬ冬の山
画文帖 = 山の見える風景


山の本 No.109(2019年秋)

1,296円+税

特集 = 山がつむいだ物語
紀行 = 六九人目のオオカミ体験


山の本 No.108(2019年夏)

1,296円+税

特集 = どうしても登りたかった山
紀行 = 思い出の山・至仏山


わが静かなる山

著 = 松﨑中正

1,600円+税

一日中誰にも会わない山路がここにある。メインの「紀行」二十四編は、読者が自分の山を探すための楽しいヒント。が、もっとずばりは「静山案内」、地形図もコースタイムも付いている。「フォトギャラリー」は…


山の本 No.107(2019年春)

1,296円+税

特集 = 若葉映える山へ!
みちのく花回廊 = 日本屈指のカタクリ群生地を歩く


山の本 No.106(2018年冬)

1,296円+税

特集 = 近郊の低山を歩く
山と人 = 戦時下の串田孫一 ①


新版 冬期クライミング

新版 冬期クライミング

編著 = ウインター・クライマーズ・ミーティング

2,500円+税

30年ぶりに冬のクライミングの案内書が新版で登場。岩壁、雪稜、アルパインアイスなど冬ならではのルートを今日的な視点でセレクトし、日本全国の約150ルートを網羅。初級者から上級者までを熱く…

ページトップへ ▲


〔1979年創業〕
株式会社 白山書房
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1957-4
TEL : 042-669-4720
FAX : 042-669-4721
E-mail : info@hakusanshobo.co.jp