山風記

山風記

著者 = 木内利栄

判型
四六判
ページ数
210ページ
価格
1,500円+税
出版年月
2001年03月
ISBNコード
9784894750494

本の内容

「登山」という言い方にはギスギスした挑戦的な色合いがにじむ。真性にして山に親しみ山に遊びたいがために、「山踏み」という言葉を用いる著者が、自らの遊びの様子を綴る。

著者紹介

木内利栄(きうち としえ)
1936年、福井市生まれ。56年4月、福井相互銀行(現福邦銀行)に入社。白山や磐梯山を手始めに高山指向の山行を始める。66年8月、銀行を退職してガラス、サッシ及び関連する建材や機器装置の事業を創業する。以後、山行が全くできなくなる。77年2月、リウマチを患い左半身の関節のほとんどが痛み、歩行困難となる。86年5月、リウマチが完治し(奇跡といわれている)山行を開始する。白山が再開の第一歩となる。この頃、福井勤労者山岳会主催の大衆登山に応募し、少しずつ山勘を取り戻す。98年1月、山行エッセー『山を踏む』を出版。3月、脳梗塞に倒れるが軽症であったことで間もなく山行を開始する。2000年12月、労作性狭心症を患い、新世紀の正月を病床で迎える。01年1月、快気の第一歩に風雪の加越県境縦走に参加。
福井くろゆりクラブ所属。福井岳人倶楽部所属。株式会社トシエ硝子 取締役会長。日本画紫陽花会所属。塩出周子先生に師事。日本刀剣鑑賞を趣味とする。

購入のご案内


全国の書店、または下記ネット書店にてお買い求めいただけます。

※在庫が無い場合は、書店でご注文いただけます。
※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。
※弊社に在庫がございますので、お急ぎの場合は弊社へ直接ご注文下さい。(送料無料)

▶弊社からの購入方法はこちら


〔1979年創業〕
株式会社 白山書房
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1957-4
TEL : 042-669-4720
FAX : 042-669-4721
E-mail : info@hakusanshobo.co.jp